2019.01.25 Friday 21:14

暦では「大寒」

鎌倉はだんだん春に向けて。

 

大寒を過ぎました.

毎日の気温10℃前後の鎌倉ですが、北海道、日本海側の豪雪のニュースを見ながら心配しています。

海と山に囲まれた鎌倉は水仙が咲き誇り、そろそろ蝋梅から白梅・紅梅の季節へと移り変わってきました。

 

RAKUのある浄明寺地区は静かな時間が流れています。

名前の由来、浄妙寺はもう白梅・紅梅が咲き始めメジロが忙しく飛び回ります。

 

すっかり蕾もふくらみ、毎日花の数が増えてきます

 

海の水も透明度を増し、白い冠雪を頂いた富士が朝日に輝いています.

 


 

器と雑貨 RAKU

https://www.raku-kamakura.com

 

 

 


2018.12.20 Thursday 15:27

山と海に囲まれた鎌倉

いつも四季を十分に楽しめる鎌倉です。

 

そろそろ本格的に冬を迎える鎌倉の海は、ますます透明度を増して来ました。

逗子〜材木座〜由比ガ浜〜稲村ガ崎〜七里ガ浜と鎌倉には歴史を支える海の顔があります。

12月とはいえ暖かい毎日が続いています。これからは毎日、真っ白な雪を頂いた富士の姿を見ることができるでしょう。

 

■七里ガ浜からの富士の姿

 

小動の岬 腰越の港 

 

ゆったりと繰り返す波の砂浜

 

稲村ガ崎より葉山方向を見る。遠い昔から変わらない日が昇る。 

 

 


 

RAKUから由比ガ浜の海岸まで車で10分あまり。海と山に囲まれ自然の要塞として位置した鎌倉は全てが歴史の中にあります。

 

 

 

器と雑貨 RAKU

https://www.raku-kamakura.com

 

 

 

 

 

 


2018.12.14 Friday 22:14

RAKUエリア散策

RAKUからちょっと歩いてみませんか。

 

このシーズン、RAKUから報国寺方面をご紹介。

報国寺〜華頂宮邸〜巡礼古道(坂東33ヵ所巡礼の第一札所杉本寺から第二札所逗子岩殿寺へ巡る最初の山路)〜神奈川富士見百景浄明寺ポイント〜逗子ハイランドパノラマ台〜衣張山ハイキングコース

 

報国寺 紅葉の喧騒も徐々に消え、やっと静かに竹琳の間を抜ける風の音が聞こえます。

 

 

 

 

 

華頂宮邸  鎌倉3洋館の一つ(文学館・古我邸・華頂宮邸)

 

 

 

逗子ハイランドパノラマ台からの眺望

鎌倉市街、材木座・由比ガ浜海岸、稲村ガ崎、江の島

逗子方面、披露山、大崎岬。遠く伊豆大島

 

 

 


 

器と雑貨 RAKU

https://www.raku-kamakura.com

 

 


2018.12.13 Thursday 11:24

紅葉の混雑もひと段落

鎌倉に静けさが戻り始めました。

 

塩害の影響はあったとはいえ、やはり鎌倉の紅葉はきれいでした。

山々も、そろそろ静かに冬を迎える準備に入っています。樹々の葉も落ち、飛び回る小鳥の姿が賑やかです。

 

12/13 滑川  もう最後とばかりに燃え上がるモミジ。

 

 

二階堂川と滑川の合流

 

杉本寺入口 モミジのトンネル

 

 

新たな年を迎える準備は始まりましたか?

忙しい中、ちょっと一服のお休みに静かな鎌倉金沢街道浄明寺で鎌倉散策などいかがですか。

 


 

器と雑貨 RAKU

https://www.raku-kamakura.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.12.05 Wednesday 23:06

鎌倉紅葉もピーク

今年の鎌倉の紅葉もピークを迎えました。

 

重要文化財「一条恵観山荘」

RAKU から徒歩5分弱。鎌倉でも屈指の紅葉のポイントです。

 

 

京都西加茂に一条恵観公が建立した茶屋を、枯山水の庭とともに鎌倉へ移築されました。

京都「桂離宮」とともに朝廷文化を伝えたものとなっています。

小鳥のさえずり、川のせせらぎ

整備された庭園や、裏を流れる滑川の渓流、衣張山に続く山肌は季節の美を感じます。

 

カワセミが通る滑川の渓流も庭の一部。

 

入園料¥500 園内にはゆっくりお茶を楽しめる席も。

 

静かに迎えてくれる中庭

 

 

「一条恵観山荘」 野趣あふれる田舎家風建築の茶屋

 

山荘前庭

 

散策小路の途中の東屋 春の梅、夏のヤマアジサイ、秋の紅葉と自然味があふれる。

 

鮮やかに彩られた散策小路。

 


 

器と雑貨 RAKU

https://www.raku-kamakura.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.11.29 Thursday 06:22

今年の紅葉は?

この夏、毎週のように襲ったもう一つの台風被害

 

例年なら後1週間ほどで見頃を迎えるはずの鎌倉の紅葉。

今年の台風は、海沿いのエリアに塩害という大きな置き土産を残しました。

見頃も少し遅れているようです。

残念ですが、ここ「RAKU」の周りの紅葉も来年の楽しみにとっておきます。

 

杉本寺前の滑川に沿った紅葉ポイント

なんとかすこしづつ色合いを見せてきました。

 

二階堂の奥「覚園寺」

ここから天園のハイキングコースへ。海沿いに比較し、まだこれからの紅葉が見られそうです。

 

鶴岡八幡宮

今までの「赤い橋と紅葉」という姿はまた来年にとっておきます。

 

妙本寺

「迷い咲き」のカイドウが薄桃色の花をつけています。本当に暖かい

秋。

カイドウとキンカンの黄色、モミジの紅葉。不思議な組み合わせ。

 

でも、秋は刻々と深まってきます。

毎日、富士も姿を見せ始め、やっと青い空を取り戻すことができました。

「RAKU」周辺も落ち葉を踏みしめ、爽やかな鎌倉の秋を感じるのに最高の時を迎えています。

是非、鎌倉散策へお越しください。

 


 

器と雑貨 RAKU

https://www.raku-kamakura.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.06.24 Sunday 01:24

そろそろ七夕の用意。

紫陽花の賑わいもそろそろピークを越えました。

 

夏至も過ぎ鎌倉の街は七夕の飾りで彩られてきました。

鶴岡八幡宮の「源平池」も一面の蓮の葉で覆われています。蕾もふくらみ、これからは毎日楽しみが増えてきます。

 

由比ヶ浜まで一直線。段蔓と若宮大通り。正面の海で7月24日は鎌倉花火大会です。

 

今年も白とピンクの優雅な花が咲き始めました。午後になると閉じてしまいます。朝早めがお薦め。

 

 


 

器と雑貨 RAKU

http://www.raku-kamakura.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.06.15 Friday 22:40

アジサイの鎌倉

アジサイの鎌倉は今が見ごろ。

 

しとしと小雨に煙る梅雨も日本の美しい季節の一つ。だからこそアジサイの鮮やかさが一層目に映えます。

ここは鎌倉駅からRAKUへゆっくり歩く途中、宝戒寺の裏にある「紅葉やぐら」です。

まだまだ人知れず咲き乱れる様は見事です。

 

箸を渡ったところから始まります。

 

 

色とりどり、多種多様。

 

重さに耐えきれず地を這う。

 

滑川へ張り出して。

 

鎌倉駅からRAKUまで、途中寄り道しながらいらっしゃるのもこの季節ならでは。

少しぐらいの雨でも気分は楽しくなることでしょう。

 


 

器と雑貨 RAKU

http://www.raku-kamakura.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


<<new | 1 / 6pages | old>>
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
MOBILE
LINK
RECOMMEND
SEARCH
OTHER

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.